読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりくーのブログ

成田国際空港をベースとして、民間機を撮影している学生です。ブログ初心者の成長を温かく見守って下さい。

なりくーの旅行記in千歳

今回は1月19日に訪問した千歳をご紹介します。

f:id:tai6553:20170121075021j:image

今回は特に目的も持たずに千歳へ。

往路はバニラエア905便、東京/成田-札幌/新千歳に搭乗

搭乗後には機長からの挨拶と共に「到着地(札幌/新千歳)の除雪により運航が制限され、出発を09:05発に変更します」とのアナウンス。

f:id:tai6553:20170121074932j:image

離陸して30分が経過した頃、最初は機内で買うつもりはなかったのですが、小腹が空いたのでバニラエア特製「とろ〜りクリームぱん」(1個 ¥350)をいただきました。流石、売り切れ続出の大人気商品。少し冷えていて、しつこい甘さもなく、また食べたくなる一品です。

f:id:tai6553:20170121080818j:image

到着したのは10時20分頃。到着時にも小雪が降っており、視界が悪かったです。

f:id:tai6553:20170121081922j:image

フライトログをお願いして来ました。

 

到着後、撮影ポイントへ移動。

f:id:tai6553:20170121082117j:image Airline: Eva Air
Aircraft: Airbus A321-211
Registration: B-16218

f:id:tai6553:20170121082720j:image

Airline: Jin Air
Aircraft: Boeing 777-2B5(ER)
Registration: HL7750

 

天候は回復せず、仕方なく迫力重視での撮影をしました。

光量が足らなかったため、満足のいく撮影にはなりませんでした。

 

これにて撮影終了。お昼ご飯のお寿司を目当てに、新千歳空港から南千歳まで除雪されていない道を黙々と歩き続け、精神的にも体力的にも疲れました。

f:id:tai6553:20170121083728j:image

お昼は千歳駅前から徒歩6分に構えている、「浜ずし」にて11時〜14時(ランチタイム)20個限定の「超特選にぎり」(¥1420)をチョイス

写真には写ってませんが、にぎり10貫の他にサラダ、デザート、茶碗蒸しが付いてくるのでお得です。

 

昼食後には、祖父母宅へ。

f:id:tai6553:20170121094227j:image

まずは久しぶりの再会という事で、筆者や家族の報告。その後、祖父にはパソコンを教えて来ました。今ではすっかりPCになれた70代祖父…一般的な高校生よりもはるかに上達が早いです(笑)

 

話も弾み、あっという間の3時間・・・

 

祖父母とはお別れし、最寄りの駅から空港へ。

 f:id:tai6553:20170125125236j:image

鉄道会社:JR北海道

所属:札幌運転所(札サウ)

形式:731系

編成名:G-112

期間:1998年12月~

この頃少し雪が降って来たので、帰りの便が心配でした。

f:id:tai6553:20170121141557j:image

空港に着き、北海道ラーメン「白樺山荘」にて「味噌ラーメン」(¥880)をチョイス。

ゆで卵の無料サービスもある為、お得です。店内は若い店員達で明るい雰囲気でした。

千歳を訪問する際は必ず寄って行くほどの絶品です。

f:id:tai6553:20170121141917j:image

中央ホールでは、千歳市の小学生による展示が行われていました。

こうした地域と密着した空港作りに関心です。 

 

そして、特に買うものもなかったので、数十分放浪してから機内へ。

f:id:tai6553:20170121142123j:image

復路はバニラエア926便 札幌/新千歳-東京/成田に搭乗。

帰りも雪の心配がありましたが、定刻での出発。

疲労で寝てしまい、機内での記憶はありません…(笑)

f:id:tai6553:20170121144006j:image

復路でもフライトログをお願いしました。

 

着陸後、501番スポットに駐機されました。

自身初の500番台で、どの道を通っていくか楽しみでした。

【実際に通った道】

GSE通路を通り、58番スポットから77番スポットまで道なりで、第三ターミナルに到着という感じです。

 

出発したのは6時半で、帰宅したのは22時半の16時間の旅となりました。撮影は満足に行かなかったので、半年以内にはリベンジ必須ですね。次の記事はマレーシアのクアラルンプール遠征記を題材に、お伝えできればと思います。それでは!